閉じる
閉じる
閉じる
  1. 21世紀は「趣味」を「仕事」にするべき その理由
  2. チラシ作りに!新規客のハートを掴むコピー作成9つのステップ
  3. お客の前で掃除は失礼?掃除はまわりに見えるようにやれ!
  4. なかなか守ってくれない!社内のルールを定着させる方法
  5. 芸能人がコメントした商品が売れる理由
  6. 営業力を簡単に29%向上させるセールストーク
  7. 月に7冊本を読むだけで年収1000万以上になるってほんと?
  8. お客の悩みは何か?潜在的なニーズがチャンスを生む
  9. スモールビジネスで大成功するための3つの戦略
  10. 圧倒的な集客力が手に入るフリーミアム戦略とは
閉じる

21世紀の戦略書

捨てる勇気が成功を呼ぶ!ニッチ戦略のおいしすぎる3つのメリット

 

ビジネスは本当に競争です。

自社と同じような商品やサービスが市場には出回り、

顧客は、あなたのお店(会社)と、競合のお店(会社)を比較・検討し、

最も自分にオトクな方をじっくり選びます。

仮にあなたのお店(会社)が選択されても、

一度利用して満足度が得られなければ、

他のお店(会社)にスイッチしてしまうでしょう。

 

そこで、ほとんどのお店(会社)は、

競合に負けないように努力します。

しかしながら、

「競合に負けない」とはどういうことでしょうか。

主に以下の2点に集約されてきます。

◆競合よりもいい商品・サービスにする

◆競合よりも価格を安くする

いかがでしょう。

あなたのお店(会社)でも似たようなことをしていませんか。

はっきり言って、どちらも大変です。

いい商品・サービスを提供すれば、コストがかかりますし、

価格を安くすれば収益性が悪化します。

 

そこで、そもそも競合のいないところで戦おうと考えるのがニッチ戦略です。

競合がいなければ、

その分野・カテゴリでNO.1(あるいはオンリーワン)になれるのです。

 

なぜNO1(あるいはオンリー1)にならなければならないのか。

例えば、「ラーメンチェーン店」の店舗数上位ランキング5社を思い浮かべてください。

 

 

 

 

・・・幸楽苑が思いつきましたね?(ちなみに500店舗以上あります)

ほかはどうでしょうか。

 

 

 

・・・・・。

あまり出てこないのではないでしょうか。

 

ちなみにランキングは以下のとおり。

ランキング 店名 店舗数(だいたい)
1位 幸楽苑ホールディングス(幸楽苑) 528店舗(平成29年3月末)
2位 スガキコシステムズ(スガキコ) 361店舗(平成28年3月末)
3位 天一食品商事(天下一品) 245店舗 (平成29年3月末)
4位 グロービート・ジャパン(らーめん花月) 235店舗(平成28年6月末)
5位 来来亭 233店舗(平成29年3月末)

 

 

つまり、1位と2位の知名度の差は思ってるよりすごいあるのです。

 

もっと言えば、あなたのお店(会社)は、

その業界や地域でシェア何番目ですか?

酷なことを言いますが、5位まででも知名度が低いのに、6位以下であれば、

一般の方への知名度はほとんど無いと言っていいでしょう。

 

だからこそ、余計に広告や営業コストがかかるのです。

 

コストの話ついでに言えば、幸楽苑ほどの出店数ともなれば、

仕入価格は他の店よりも圧倒的に安いのです。

これを規模の経済効果などと言います。

 

ますます2位以下は厳しくなります。

だからこそ、NO1(あるいはオンリーワン)を目指す必要があるのです。

 

しかしながら、小さなお店(会社)が、

500店舗クラスのビジネスに立ち向かうことは出来ません。

 

そこで、分野を細分化していきます。

 

例えばラーメン屋であれば、

幸楽苑のラーメンを食べにくる客層は、ファミリー層が多いと思いますので、

あえてカウンターしか無いお一人様専用のラーメン屋にし、

幸楽苑の店では味わえない超コテコテメニューオンリーを提供する・・・など。

(二郎系ラーメン店などはそういうところが多いですね)

 

あえて、客層や商品・サービスを限定してしまうのです。

 

こうすることで、

◆一人で入りやすい店がいいな~

◆超コテコテのラーメンが食べたいな~

というお客にとってみると、幸楽苑ではなくこちらのラーメン店一択になるでしょう。

おそらくこのお客からしてみたら、

この時の気分にドンピシャ!の店であり顧客満足度も高いでしょう。

 

競合と競わない、新たな分野を開拓し、その分野に特化する!

これが小規模なビジネスの戦い方です。

 

ただし、競合がいない分野に行くには、

いまの商品やサービス、いまのお客さんを、捨てなければその分野にいけないことが多いです。

誰にでも、当たり障りのない商品・サービスを、そこそこ提供していては、

永久に競合と戦う激戦区から抜けられないのです。

ある意味、今のお客や商品・サービスを捨てる勇気が必要になってくるでしょう。

 

 

 

 


《まとめ》

ニッチ戦略とは、

その分野・カテゴリでNO.1(あるいはオンリーワン)になること。

ニッチ戦略には、おいしすぎるメリットがある。

◆1番乗りは圧倒的知名度を得る

◆1番乗りは収益性が高い

◆専門性が高く顧客満足度が高い

逆に、ニッチではない分野(あなたが2番手以降のプレイヤー)で、

今後も戦っていくのであれば、

◆知名度が得られにくい

◆収益性が向上しにくい

◆専門性が低いためすべての顧客から満足を得にくい

という、デメリットを背負ってビジネスをしていくということ。

ただし、競合がいない分野に行くには、

 

今のお客や商品・サービスを捨てる勇気が必要になってくる。


 

関連記事

  1. 失敗こそが成功を生む!~トライアル・アンド・エラー戦略~

  2. チラシ作りに!新規客のハートを掴むコピー作成9つのステップ

  3. 営業力を簡単に29%向上させるセールストーク

  4. 売上を爆発的に増やす見込み客アプローチ

  5. なかなか守ってくれない!社内のルールを定着させる方法

  6. ポイントカードで単なる割引をしている人は損しています

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

FBページ

ページ上部へ戻る